読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涙の軌道に夢を乗せて

だいたいジャニーズWESTのこと

なうぇすと。

なうぇすとが終わってしまった。自分が公演に入ったのがもうずいぶん前のような気がする。

 

まずは五か月間、お疲れ様でした。そして、たくさんの笑顔と幸せをありがとう。

 

私が入った公演は福井の初日と二日目の二部。もうあれから三か月半ぐらい経つのですね、早いなあ。ずいぶん前のような気がするけれど、記憶には鮮明に残っていて、キラキラ輝く7人を見ていられる空間はほんとうに幸せだった。

 

クリスマスのドーム公演を観たときに、これはジャニーズWESTの物語の第1章の終わりを告げるコンサートだと思った。そして、なうぇすとは、ジャニーズWESTの物語の第2章の始まりだった。

 

星空のようにキラキラ輝く舞台の上で、大きく手を振りながらUnlimitedを歌う7人の姿が忘れられない。どの曲も本当に素敵でかっこよくてかわいかったし、大好きな曲はほかにもたくさんあるけれど、Unlimitedが一番等身大の彼らの姿だと感じた。

 

そう僕らは数え切れない程の 夢をBackgroundに より輝いていく

一緒に行こう Just believe my dream 

憧れてきた夢のステージに きっと辿り着けるさ

 

いつも「てっぺんとったるで!」って目標をはっきりと言葉にしてくれて、「誰も置いて行ったりしない」って言ってくれて、こんなにも大きな夢を共に見させてくれて、一緒に歩んで行ってくれる、そんなグループを応援しないなんてことできるのだろうか。

彼らが憧れる「夢のステージ」が具体的にどこなのかハッキリは分からないけれど、そのステージはもう夢なんかじゃなくて、少し手を伸ばせば届く未来にあるのだろうと思う。そして、その未来は7人が、自分たちの力で掴み取ったものだ。なんてかっこいい、なんて信頼できるグループなんだろう。

 

Unlimited。無限の。

7人には無限の世界が広がっている。無限の可能性がある。そう実感した、なうぇすとだった。

 

手を伸ばせば届く距離に7人は来てくれたけれど、近いのに遠くて、舞台の上でキラキラしている彼らは力強くもどこか儚くて、夢を見ているようだった。アイドルの、命を削って輝いているような、そんな儚さをとてもうつくしいと思う。いつも全力で私たちのためにステージに立ってくれる彼らは本当にうつくしい。そんな瞬間を見られることは、ほんとうに幸せなことだと改めて思った公演でもあった。

 

 

これから7人はもっともっと大きくなっていく。私も変わるだろうから、いつも同じ熱量で応援することはできないと思う。けれど、私は私なりに、大好きなジャニーズWESTのことをこれからもずっと応援していきたい。大きくなっていく彼らを自分の目でしっかり見たい。デビュー3周年を迎えて、そう思いました。

 

 

なうぇすと、本当にお疲れ様でした。

 

さあ走り出そう、最高のステージへ。

アイドル<銀テなの?

24魂にはいったときに感じた疑問が、今回の横アリのレポを読んでさらに強くなったのでブログに書く。個人の意見なので、さらーっと読み流してくださいネ。

 

アイドル<銀テープなの、、???

 

 

24魂のとき、小瀧くんとか重岡くんが、「俺らはけるよー!銀テープより俺らのこと見てー!!」って言ってて、え、アイドルにそんなこと言わせちゃうのってどうなの?って思ったんですよね。でもそのときは言う場所もなくモヤモヤを心に抱えたままで。

 

そして、なうぇすと。

今回も銀テ発射後に「俺らはけるよー」「テープより本人でしょ」ってメンバーが言っていた、っていう初日のレポを読んだんです。

 

ブログを始めたので書きたい。

 

 

何のためにコンサートに行っているの?

銀テープを取りに行っているの??

大好きなアイドルたちを見るために行っているんじゃないの??

 

 

わかるんです、銀テープを取りたくなる気持ち。私だってアリーナ席に入ったことはあるし、銀テープが落ちてきたらそりゃあ欲しくなる。コンサート名入ってるし、メンバーカラーで7色展開されてるし、なによりコンサートに行った記念になるもの。

 

 

でも大好きなアイドルたちに「俺たちのこと見て」って言わせてまで手に入れたいものなの?って。銀テープを取るのに必死になって、コンサートの主役が最後はけていく姿を見ないなんて、ちょっと失礼だしおかしくない?って思います。

横アリでは誰が言っていたのかわからないけど、24魂のときは小瀧くん、冗談っぽく言っていたんですよ。でも内心絶対良く思ってない。当たり前だけど。私がうえすとさんたちの立場だったら、その程度の気持ちなん?って思っちゃう。悲しくなる。うえすとさんだけじゃなくて他のグループでもコンサートの時銀テについてメンバーたちが言及することがあるみたいだけれど、やっぱりどのグループにおいても「銀テープより俺たちを見て」なんてことをアイドルに言わせちゃいけないと思う。失礼だと思う。

 

 

それに、その銀テープが高額で転売されているという事実、、

アイドルはあなたたちのお金儲けの道具ではないんですよ。銀テープに限った話ではないけれど。

 

 

私はアイドルとファンの信頼関係ってとても大事だと思っていて、その信頼関係がきちんと築けていればアイドルはファンがもっと喜ぶことをしてあげたい、ってなるだろうし、ファンは彼らは期待に応えてくれるからもっと応援しよう、ってなると思うんですね。

けれど、アイドルたちのそういうファンへの思いを裏切るようなことをしたら、一気に信頼関係は崩れて、アイドルたちは「どうせ俺らのこと見てくれへんねんから適当でいいやん」ってどんどん適当に仕事をこなすようになってしまう、きっと。そんなの誰も望んでない。ほとんどのファンは大好きなアイドルがキラキラ輝いているところを見るためにコンサートに行っていると思う。それだったら、彼らがキラキラ輝ける空間を私たちが作る義務があると思うし、それは簡単にできることだと思う。

 

 

まぁこっちはお金払ってコンサート行ってるんだからどうしようと勝手でしょ?って思う方もいるだろうし、そこは個人の自由だと思うけれど、ほんとうに彼らのことが好きで応援してるんだったら考えないといけないところなんじゃないかなぁ、っておもいます。

"7人"であるということ

初めてのドームコンサートで、重岡くんが言った言葉。

 

「照史、濱ちゃん、小瀧、流星、神ちゃん、淳太くん、そして俺。この7人でこのステージに立っていることが、めちゃくちゃ誇らしいです。」

 

 

 

ジャニーズWESTがデビューするときにいろいろな困難があったことは、私はファンになってから知った。

 

7人でデビューしよう、と約束した彼ら。けれど蓋を開けてみるとデビューが決まったのは4人だった。

 

 

10000字インタビューにそのときの彼らの気持ちが書かれている。

 

4人でのデビューを一度は受け入れたメンバーもいた。7人でのデビューを諦めなかったメンバーもいた。デビューを諦めたメンバーもいた。

 

 

いろんな思いがあったと思う。今まで一緒に頑張ってきて、関西を引っ張ってきて、7人でデビューする約束もして、でも突然引き裂かれて。どんなに苦しかっただろう。どんなに辛かっただろう。

 

 

けれど、たくさん迷って、たくさん悩んで、最後に全員が出した答え。それは、7人でデビューすることを諦めないことだった。

 

 

濵田くんは淳太くんに「俺はみんなとおるのが楽しい。今まで通りの関係でみんなとおれるなら、俺はそれだけでええ。正直デビューとかどうでもええ」と

 

 

重岡くんは「国民的グループになりたい、そのためには絶対7人が必要だ」と

 

 

神山くんは「グループに入ることじゃなくて7人であることにこだわったんで」と

 

 

小瀧くんは「本音は単純、好きなんですよメンバーが」と

 

 

照史くんは「7人やったら絶対成功するって思える」 と

 

そう言った。

 

 

 

 

7人が、7人であるために。

この7人でずっと一緒にいられるように。

 

 

その思いは叶い、「なにわ侍」でついに7人で、ジャニーズWESTとしてデビューを果たした。

 

 

 

そしてそれから2年10ヶ月、

 

ジャニーズWESTは京セラドームという大きな舞台に立った。

 

 

 

虹色に光る会場で、彼らは7人でいることが心底楽しいという表情で輝いていた。

 

固い絆と信頼が彼らの間には見える。きっと私が思っている以上に固い絆で、彼らは結ばれているのだと思う。

 

 

7人が、7人であること。7人が笑い合っていること。そんな7人を応援できること。

 

ぜんぶぜんぶ奇跡みたいなことなんだなって、改めて今回のドームコンサートで思ったんです。

 

 

 

あのとき、7人でいることを諦めないでいてくれてありがとう。こうして私たちの前で7人揃って笑顔を見せてくれてありがとう。虹色に輝いてくれてありがとう。

 

 

 

「7人でこのステージに立っていることが誇り」

 

この重岡くんの言葉は、キラキラした輝きをもって私の心に残っている。

 

 

7人なら絶対、でっかい夢を叶えられるって信じています。

ずっとずっと、7人で笑い合っていてね。

ジャニーズWESTの1stドームコンサートに行ってきた

だいすきなグループの、初ドームコンサートへ行ってきました。聖なる夜に、だいすきな7人に会ってきました。

 

『24から感謝届けます』

 

一言で表せないくらい、ほんとうに素敵なコンサートだった、、WESTのことを好きになってまだ2年ぐらいのド新規の私だけど、夢みていた京セラドームに立つ7人の姿を見て、涙腺が崩壊しました。

 

 

「僕たちの夢へ、ようこそ!」

 

濵田くんが初めに言ったこの言葉に、すっごい鳥肌立った。夢へようこそ… 今から見るのは彼らの夢が現実になったものなんだ、私もその夢の一部として存在することができるんだ、っていう嬉しさと、彼らの夢が叶う瞬間を見れるんだっていう感動で、もう最初から涙ドバドバですよ。

 

でも、ええじゃないか、ズンドコ、ジパング、パリピポっていうザ・WESTな神セトリにテンションはぶちあがりまして、さらに自担のビジュアルが最高にかっこよかったので涙垂れ流しながら笑ってるっていうきもちわるいおたくになってました。だって編み込みちょう好きなんだもん、、かっこいいでしかない、、

 

 

SCARS、Criminalってきたから、Eternalくるか?!ドームでの狂愛三部作披露きちゃう?!まってまって死ぬ死ぬ死ぬ!!ってひとりで思ってたらEternalはなかった、、残念。

 

でもそのあとに、もっとやばいのがあったんですよ。

 

 

Jr.時代の曲メドレー。

 

 

最初にも書いた通り、私は彼らがデビューしてからファンになりました。ジャニーズは好きだったから、ごくせんも見てたし、雑誌とかで見て存在は知っていたけれど、彼らがJr.だった頃のパフォーマンスはファンになってから昔の映像を探して見るしかありませんでした。

 

新規のファンならたぶん一回は思うと思うんですよ、

なんでもっと早くファンにならなかったんだろうって。

 

アイドルはいつだって今が一番輝いているって思うし、私もJr.時代を知らないぶん今を全力で応援しようって思ってる。でもやっぱり、ジャニーズのJr.時代ってすごく尊いものだなって思う。うまく言葉にできないけれど、儚くて、でも強くて、ギラギラしていて、その時しかない輝きみたいなのがある気がして。

 

だから今回、ばどのアメフリ→レインボウ、はまだくんのSTAY GOLD、7WESTのDial up、7人全員のNEXT STAGEが聴けたのはほんとうにうれしかった。軽率に泣いてしまった。うれしくて。そして、7人がこうして大きくなってデビューして京セラドームに立ってくれているっていう事実に感動してしまった。どこから目線やねんって話ですけど。

 

こんなド新規でもそう思うんだから、昔からのファンの方は、もっといろいろな感情があるんだろうなって思いました。

 

最後のシルエットを歌う7人の表情がとっても優しくて、あたたかくて、輝いていて、Jr.の7人を垣間見れたような気がほんの少し、しました。

 

 

 

そして、このあとの浪速一等賞での出来事だと思うんですけど(記憶が曖昧)、かみこたがセンステから花道を通るときに手を繋いでいたんですよ、、私の幻覚かもしれないけど、、望くんが神ちゃんにハイッて手を差し出して、その手を神ちゃんがぎゅってにぎって、ふたり仲良く手を繋いで花道を歩いていたんですよ、、、

 

ねえ?!かわいすぎて死んだ

 

 

MCは安定におもしろかった~~~

全然しゃべっていない神ちゃんにあきとくんがすかさず「神ちゃんはどう?」って話振ってあげててあきとくんさすがだなって思った!すき!

 

 

クリスマス公演ならではのクリスマス曲メドレーもたのしかった~~!

白い衣装に身を包んだ流星くん、髪色も含めほんとうに王子様みたいだった、、なんであんなに顔がきれいなの、、、、

Lovely Xmasのかみしげちあは天使でした。にっこにこの笑顔で顔見合わせて笑いあうの天使でしかないだろう。なんなんだ。

 

 

ええやんけぇ、アカンLOVE、ホルモンっていうディスココーナーもちょう楽しかったんですけど、特筆すべきはその後ですよ。

 

なんか黒い衣装に身を包んだイケメンな7人のにいちゃんたちが高級クラブにいるような映像が流れまして、まあその映像からみんなかっこよすぎて軽く死んでたんですけど、まあその流れからしてパリマニくると思ってたんですよ。

 

そしたら!!!!

 

 

('・ェ・`)チョ~~エクスタスィ~~~

 

 

って!!!歌いだすから!!!!

 

 

軽く死んだ。

そしてチョエクほんとうにえっちすぎて。

 

むり~~~~~

腰振えっちすぎ~~~~~~~

 

メンステからセンステにかみやまくん先頭にV字型になって移動するうえすとさん控えめに言ってもかっこよすぎるし、なにより先頭のかみやまくんめっちゃかっこいいし、画が強すぎるし、はあ~~~~むり~~~~~ってなってるところに追い打ちをかけてワンチャンですよ、

 

 

死ぬしか!!!!!

 

 

 

 

そして、最後の挨拶。

これに関しては語り切れないし語る必要もないかなと思ってる。

 

とにかく、メンバーが話すときに会場がそのメンバーカラーに染まるのがほんとうにきれいで、神ちゃんが本当に優しい表情で「ああ、きれいやなあ、、」って言ってたのが忘れられない。

 

カチカチ鳴らして必死にそのメンバーの色にペンラを変えるのも、会場にいる全員が自分の意志で変えないと一色には染まらないわけで。愛を感じる瞬間だったなあって思う。

 

「大げさかもしらんけど生きててよかった」って言うあきとくん、

「ここに僕らを連れてきてくれてありがとうございます」って言うはまだくん、

「いろんな別れがあった」って言う望くん、

ひとりひとりの顔を見渡して「この7人でいれることが誇り」って言う重岡くん、

「僕の周りにいてくれる人全員が救世主です」って言う流星くん、

「ジャス民がみんなでよかった」って言う神山くん、

「逃げたいって何回も思ったけどもう逃げない、これから僕たちが迷ってもみなさんがペンライトで行く道を照らしてください」って言う淳太くん

 

この7人を好きになってよかったなって

出会えてよかったなって

改めて、思った瞬間だった。ほんとうに。

 

彼らはデビューする前にいろいろあった。だから、こうして7人で京セラドームに立ってくれていることは奇跡みたいなことなんじゃないかなって思います。

淳太くんが言っていました、これから先いろんなことがあるかもしれない、喧嘩することだってあるかもしれないって。けれど私は、7人はきっと大丈夫だって思う。けれど、もし迷うようなことがあれば私たちが道しるべになってあげたいと思う。彼らの進む未来を一緒にみつめていたいと思う。

 

大好きな7人がこうしてこの先もずっと笑っていられるように、そして、またこの素晴らしい景色を、これ以上の素晴らしい景色を見せてあげられるように、ずっと応援し続けたいなと思いました。

 

 

たくさんのしあわせを、ありがとう。これからも、ずっと7人で笑っていてください!!ジャニーズWESTが、心の底から、だいすきだ~~~~!!!!